│ログイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

絶版本が捨てられない

GWの途中から、ちまちまと部屋の片付けを続けているんですが・・・・・あんまり物が減りません。
特に困るのは本。多くは資料になるものや絶版本なので、なかなか処分する気になれない。
雑誌も雑誌で、価値自体はともかく再度入手するのが難しいからなぁ。攻略本関係も一度手放すと相当危険。
漫画などの娯楽系については、絶版する率が低いものや(マイナー嗜好の人間なので、そもそもこの条件に当てはまる物が少ないw)、学ぶべきところが少なそうなものは、出来るだけ処分するようにしなければ。

↓絶版した本のバージョン違いとか、どっちも捨てられなくて困るよホント。



この辺のラインナップにピンと来た方は、私と波長が似ているに違いない。

バージョン違い


新井素子の『・・・・・絶句』だいすきだよ『・・・・・絶句』!
中学生の頃だかに古書店で見つけて以来、すっかり手放せなくなっております。
文庫版はたぶん絶版していないと思うけど、なんだか捨てられない。
もう対象年齢はオーバーしているけど、またいつか読み返したいな!
どうでもいいけどノベルス版、背表紙が黄緑のと白のと2種類あるんですが・・・。

谷山浩子は、童話作家としても一流だと信じて疑いませんとも。
挿絵画家も大御所ばかりでビックリです。

山田章博は・・・正直漫画家としてはそれほどモゴモゴなんだけど
なんとなく今手に入れておかないと後悔するオーラを感じてつい買ってしまう。
『魔法使いの弟子』は無駄に二冊持ってます。

ますむら作品は、新古書店で見かけることも段々少なくなってきたような。
文庫版などでも読めるけれど、ますむら作品の大判(A5)本は、出版社問わず装丁が工夫されたものが多いので、手に入るようなら大判をお薦め。
朝日ソノラマの全集シリーズや、スコラのコスモス楽園記など、見ているだけでよだれが出そうよ。


BOOK ○FFなどで、興味ある作家の作品・好きな作品の絶版本バージョン違いを見つけると、ついつい買ってしまう!
本自体が古いから、大抵100円の棚で見付かるし、そういう意味ではお得感のある買い物なのですが・・・

レア度の低い新しい装丁の方を手放せばいいじゃん!と思うのですが、改訂版は加筆や、改訂にあたっての後書きなどのオマケ要素が付いている場合があるので、うかつに処分出来ないのであった。
ああもう、なんてやっかいな!(笑)
スポンサーサイト

| 雑記

コメント

コメントの投稿

| main |

本館

猫囃子

Author:猫囃子






BeginningEggをフォローしましょう

月別

カテゴリ

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。